歯牙移植

歯牙移植について

重度の虫歯や事故などの外傷が原因で、不幸にも歯を失ってしまうことがあります。
歯を失ったまま放置しておくと、歯並びや噛み合わせのバランスが乱れてしまい、口内の健康が損なわれてしまいます。そして口内の健康が損なわれると、やがては消化器官などにも余計な負担をかけるようになり、全身の健康にも悪影響を及ぼすようになってしまうのです。
 
こういったケースでは、抜歯した部分に親知らずや過剰歯などを移植することができます。
歯と一緒に「歯根膜」という歯の周囲にある組織を移植するためなじみが良く、自然な噛み心地を取り戻すことができます。